沖縄には沢山の健康食品があります。その中の一部の健康食品をご紹介します
沖縄の健康食品

島らっきょう

島らっきょうって知っていますか?

基本的にはらっきょうなんですが、普通のらっきょうとは見た目も味も全然違います。これも沖縄ではよく食べられる食材の1つですが、まぁ特に居酒屋さんなどでおつまみなどでよくみられます。

又、家庭では、漬け物にしたり、テンプラにしたりと食べ方も色々あります。そんな島らっきょうを詳しく説明していきましょう。

島らっきょうってどんな食べ物?

島らっきょうとは、沖縄で栽培されているラッキョウのことを『島らっきょう』と呼んでいます。沖縄の野菜の代表的なのがこの『島らっきょう』です。とってもヘルシーで人気の高いラッキョウなので人気があるのです。

島らっきょうは主に沖縄本島北部の離島である伊江島や、南部の糸満市で栽培されています。

島らっきょうの特徴は?

島らっきょうの特徴は、本土のラッキョウより小振りで、ニオイもとても強烈となっている事です。沖縄では島らっきょうのチャンプルーや、島らっきょうの浅漬け、島らっきょうの天ぷら、島らっきょうのキムチ漬けなど色々な食べ方があります。島らっきょうは素材の風味を活かすために若いうちに収穫して生で、軽く塩を振って浅漬けにして食べるのが、沖縄の居酒屋でも大人気な食べ方となっています。

島らっきょうの見た目は

島らっきょうの見た目はネギやニラのような見た目と似ています。島らっきょうはエシャロットのように細長い形状で早堀りされます。

島らっきょうの産地は?

島らっきょうのは主に沖縄の離島伊江島と沖縄南部糸満市で作られています。

ラッキョウは元々、中国が原産地で、辛辣(シンラツ:舌に辛さが残るほど強い)な味を持つニラという意味の『辣韮(らっきょう』が語源とされています。 ユリ科、ネギ属の1種で、野生種をもとに栽培され紀元前から食用とされていたそうです。平安時代に日本へ伝わり整腸など薬用に利用されていたようです。 江戸時代に漬物として利用され、昭和に入ってから塩漬けの加工品が出てきたと言われております。

 

島らっきょうの旬は?

島らっきょうの収穫時期は、4月から9月に植え付けを行い12月から6月まで収穫されます。本土のラッキョウより細くて小さいのが一番の特徴となっています。 夏物もありますが、冬物の方がシャキシャキ感があり、パリっとした新鮮味があるので、とっても美味しいですよ

島らっきょうが体に対する良い事

島らっきょうには『アリシン』と呼ばれる成分が入っており、この成分があの島らっきょうの特徴のニオイ成分のもととなっています。またアリシンがビタミンB1の吸収をよくする働きがあります。また『アデノシン』という成分が多く含まれており、アデノシンは血液が固まるのを防ぐといわれております。つまり、島らっきょうを食べると血液がサラサラになっていくのです。

気になる味は?

島らっきょうの気になるお味は、はっきりいって超旨い!っと言ってもこれだけでは伝わらないですよね。食感は『シャキシャキ!パリッ!』とした食感で、シンプルに塩漬けで食べるのが美味しいです。『ピリッ』とした辛味が泡盛とビールにぴったり!です。ぜひおためしあれ

NEXT→島らっきょうレシピ

▲ページトップ

沖縄の健康食品バナー
このサイトはリンクフリーです
リンクを張っていただける方は
↑上記のバナーをお使い下さい

当サイトはリンクフリーですが、
当サイトの運営に支障をきたす内容につきましてはリンクをお断りさせていただきます。
また、以下のコンテンツを含むホームページからのリンク掲載はお受けしかねますことをご了承ください。
★個人の「誹謗・中傷」などこれに順ずる内容のサイト。
★申請時にリンクが確認出来ないサイト
★訪問者に明らかに不利益をもたらすサイト
★法律に触れるようなサイト

 

ホーム健康食品のゴーヤーゴーヤーの調理方法健康食品のパパイヤパパイヤの調理方法健康食品のナーベーラー
ナーベーラーの調理方法健康食品の島らっきょう島らっきょうの調理方法お問い合わせ
Copyright c 沖縄の健康食品 All Rights Reserved